渥美病院小児科 こどものアレルギー



  ぜんそくとは

  コントロールテスト

  長引く咳

ぜんそく



こんな時は受診しましょう

  ・ゼーゼー、ヒューヒューと胸の音がする
  ・咳が長引く、夜間の咳がひどい
  ・運動すると咳き込む、はしゃぐと咳き込む
  ・近くの病院でみてもらってるけどなかなか良くならない
  ・吸入ステロイドについて知りたい





ぜんそくとは


ぜんそくは、気管支などの空気の通り道(気道)が「炎症」によって、
ちょっとした刺激に対しても敏感に反応したり、気道が狭くなったり、
ということを繰り返す慢性の病気です。

「炎症」はよく火事に例えられます

火事が起きたとき、水で消火すると、だんだん火は消えていきます。
ここで完全に消火することが出来れば問題ありませんが、
完全には火が消えなかった場合、風が吹くなどの刺激により、
くすぶっていた火種が再度燃え上がることがあります。

ぜんそくのこどもの気道では、同じようなことが起こっていて、
「炎症」により気道の粘膜が傷ついて、
通常であれば反応しないような軽い刺激にも敏感に反応し、
気道が収縮しやすくなってしまうのです。

ぜんそく発作が起こると、狭くなった気道を空気が通るために
「ゼーゼー」「ヒューヒュー」という音が鳴り、
ひどくなると息がしにくくなり呼吸困難を起こします

このような発作は、治療をすることで治まりますが、
何度も繰り返し起こるのが特徴です。

発作の原因はさまざまで、ダニやハウスダスト、ペットの毛などによる
アレルギー反応や、風邪などの感染症、たばこの煙、天候、運動、
などで誘発されます。ぜんそく発作は夜間に多く起こります。

ぜんそく発作が軽い、夜間だけ、気道が敏感にはなっているものの
「ヒューヒュー」音がするほどの細さにまではなっていないこと、
などもあり、病院での診察時に「ヒューヒュー」がはっきりしない
ことも少なくありません


【ぜんそくを疑う症状】

ゼーゼー、ヒューヒューを繰り返す
運動やはしゃいだりで咳き込む、ゼーゼーする
風邪の時、夜間の咳がひどい(咳で吐く、咳で起きる)
・3歳以上になってゼーゼー、ヒューヒューする
咳が治るまでに10日以上かかる
気管支拡張薬やぜんそく治療薬が有効

(参考になること)
 本人に他のアレルギー疾患がある
 家族にアレルギーもちの人が居る









【ぜんそくの治療】

気道の「炎症」は、短期間で完全に取り去ることは難しく、
発作が無いときでも「炎症」状態は続いていますので、ぜんそく治療では、
発作が無いときにも、「炎症」を抑える治療を
しっかりと続けないといけません

軽いやけどであれば1週間程であとも残らずにきれいに治りますが、
強いやけどの場合、傷あとが残ってしまうことがあるのと同じように、
「炎症」が長く強く続くと、「炎症」によりダメージを受けた気道の組織は、
完全にはもとどおりに治らず変形し、ぜんそく症状が重症化してします。

したがって、ぜんそくの治療は、

より早く軽いうちに治療を開始する
発作を起こさないための予防的な治療を毎日する
発作の引き金を避けるように日常生活に気をつける

ことが大変重要となります。

走った時の咳や夜間の咳が長引くということが毎月のように
ある場合は、定期的に通院し継続的なぜんそく治療をしましょう


【ぜんそくのコントロールが良好である指標】

・ぜんそく発作がない、通常の生活が送れる
運動や大笑い、泣いたりしても咳が出ない
風邪ひいても咳が長引かない、発作が出ない
・ぜんそくコントロールテストの点数が満点





長引く咳


咳が長引く疾患はぜんそくだけではありません。

マイコプラズマ感染、百日咳、クラミジア肺炎、RSウイルス感染後、
慢性副鼻腔炎(蓄膿)、胃食道逆流症、心因性、などがあります。

「はじめて咳が長引いた」というような場合には、
ぜんそくなのか、その他の疾患なのか、考える必要があります。





ぜんそくコントロールテスト


ぜんそくコントロールテストは、症状に関する質問に答えることで、
お子さんのぜんそくのコントロール状態を簡単に把握できるものです。

受診の際にテストに記入して頂き、ぜんそく治療薬の減量や増量の相談、
点数の推移などからお子さんが不安定になりがちな時期の推測ができます。

ぜんそくの状態としては、27点満点以外は「良好」といえません



       渥美病院 オリジナル ぜんそくコントロールテスト用紙

          
         (クリックすると大きく表示されます)



inserted by FC2 system