渥美病院小児科 こどものアレルギー

アトピー性皮膚炎



こんな時は受診しましょう

  ・湿疹がなかなか治らない
  ・食物アレルギーではないか心配
  ・薬の塗り方がわからない
  ・ステロイド外用薬について詳しく知りたい





【アトピー性皮膚炎とは】


アトピー性皮膚炎とは、かゆみのある湿疹が良くなったり悪くなったりを
繰り返しながら、慢性的に続く、皮膚の炎症を伴う病気です。
一般的に、6ヶ月以上(乳幼児では2ヶ月以上)続くと慢性と判断します。

多くの患者さんは、
皮ふが乾燥しやすい素因(ドライスキン)
アトピー素因(アレルギーを起こしやすい体質)
をもっています

乾燥肌の状態では、皮ふのバリア機能が弱くなっているので、
アレルギーの原因となる物質(アレルゲン)や微生物が侵入しやすく
また汗などの刺激にも弱くなっています。

少しの刺激でかゆみが出るため、そこを掻いてしまい、掻くことで
バリア機能がさらに破壊され、炎症を起こしてさらにかゆみがひどくなる、
アレルゲンがますます侵入しやすくなったり、という悪循環に陥ります。

湿疹は、顔、耳、首、ひじの内側、ひざの裏側、手足の関節部、などに
多くみられます。


【アトピー性皮膚炎の治療】

アトピ−性皮膚炎の治療は、大きく3つに分かれます。

第1は、湿疹を悪化させる原因を避ける
第2は、スキンケア (保湿・清潔に保つ)
第3は、薬物療法、です。

アトピー性皮膚炎の悪化因子は、季節や年齢などにより異なります。
食物、汗、乾燥、掻くこと、よだれ、石けん・洗剤、ダニ、花粉、ペット
ストレスなどさまざまな悪化因子があります。

乳児期には、食物によりアトピー性皮膚炎が悪化することがありますが、
あくまで食物はアトピー性皮膚炎の悪化の原因の一つであり、
乳児のアトピー性皮膚炎=食物アレルギーではありません。





また、年齢とともに食物でのアトピー性皮膚炎の悪化は少なくなります


アレルギー物質は皮ふから入り込むことでIgE抗体を作り、のちに
アレルギーを発症する可能性を指摘されております。

皮ふの状態をより良い状態に保つことで、
新たなアレルギーの発症を減少させる可能性があります
(食物アレルギー、花粉症、鼻炎、ダニ、動物、など多くのアレルギー)

スキンケアとは、「保湿すること」「皮ふを清潔に保つ」ことに
なります。湿疹の予防は、とにかく「保湿」することです。





保湿は車にワックスを塗って傷がつかないようにするのと同じです。
飲み薬で保湿することは出来ません。

そもそも小児は成人に比べ皮脂量が少なく、保湿は欠かせません。
保湿は湿疹の「予防」と考えておくと良いでしょう。
=きちんと保湿してやっと成人レベル






湿疹は皮ふの「炎症」によって起こります。

「炎症」はよく火事に例えられます

初期の火事の小さい火は消火器で簡単に消せますが、
そのまま放置してしまうと大火事になりますので、
湿疹が軽いうちにしっかり治す必要があります

なた完全に火が消せてなかった場合は、ちょっとした刺激で
くすぶっていた火種が再度燃え上がることがあります。

その消火器にあたる=炎症を抑えるのが、「ステロイド外用薬」です。

「ステロイド外用薬」を塗る際のポイントは、
湿疹が軽くなったからといって、すぐにステロイド外用薬を塗ることを
中止せずに、しっかり皮ふの状態が改善した後に、
塗る回数やステロイド外用薬の強さを徐々に減らしていくことです。
(プロアクティブ療法:下図参照)








 *見た目に治ったようであっても、皮ふの下の炎症がある


アトピ−性皮膚炎は、短期間に症状が改善する場合は少なく、
数年以上にも渡る長期戦になりますので、根気強く治療する必要があります。

「ステロイド外用薬は怖い」と考え、「なるべく少なく短い期間だけ使う」と
考える親御さんもいますが、中途半端に使うとかえって症状を悪化させ、
長引かせたりすることがありますので、
医師の指示通りに、必要な量を、必要な期間、
使い続ける、ことが大切です。

適切な塗り薬を、適切な期間、塗るのであれば、
重大な副作用が出ることはありませんん。


ステロイド外用薬の塗る量の目安として、FTU(フィンガーティップユニット)
を使うと便利です。

軟膏の場合、FTUは大人の人差し指の一番先から第1関節に乗せて出した
軟膏の量で、約0.5gに相当します。

これを1FTUと呼び、大人の手のひら2枚分くらいの面積に塗ることができます。
ローションの場合は、1円玉大が1FTUとなります





inserted by FC2 system