渥美病院小児科 こどものアレルギー



  食物アレルギーとは

  食物経口負荷試験

  エピペンの使い方

  緊急時の対応

  卵アレルギーと
  インフルエンザワクチン




  (クリックすると開けます)

食物アレルギー



こんな時は受診しましょう

  ・食物アレルギーかどうか心配
  ・血液検査で食物アレルギーと言われたけど本当にそうか疑問
  ・食物アレルギーがあったけどいつまで除去するのかわからない
  ・兄弟に食物アレルギーがあって食べ進るのが心配
  ・エピペンについて知りたい


【当科の方針】

「少しずつからでも食べていく」


少しずつ食べることでこのような効果が期待されます

*食物アレルギー自体が治りやすくなる
*誘発される症状が軽くなる
*そもそも食物アレルギーを発症させない

  *より小さいうちから少しずつ食べるとより効果的です





【食物アレルギーとは】


食物アレルギーとは、特定の食物が原因で起きる、
アレルギー反応のことです。

本来無害で体に必要な食物に対し、有害な病原体などを排除する
免疫システムが過剰に反応するために起こります。

食物アレルギーの発症の多くは乳幼児期であり、
乳幼児では5-10%、学童以降は2-3%の頻度といわれております。

こどもに食物アレルギーが多いのは、特に小さいこどもほど
消化機能と免疫機能が未熟だからです。

消化機能が低く、腸のバリア機能が甘いために、
食物が大きいタンパクのままで体内に吸収されてしまいます。

(アレルギーはタンパク質に反応して起こします、
アミノ酸レベルにまで細かく分解すれば症状は起こしません)








もともと食べた食物が異物であるにも関わらず排除されないのは、
「食物は敵ではない」と認識し排除しない免疫システムがあるためです。
小さいこどもは、その腸の免疫機能も未熟であるために、
排除しようとする=アレルギー症状を起こす、ことになります。


【食物アレルギーの症状】

食物アレルギーの多くは、即時型反応で、原因食物を摂取後、
数分から数十分(多くは2時間以内)に発生します。

じんましん、唇が腫れる、のどの違和感、咳、嘔吐、下痢、など
様々な症状を引き起こします。

ひどい場合はアナフィラキシーと呼ばれる全身性の強い症状を起こし、
時に血圧低下、意識消失など生命の危機的状況となります
=「アナフィラキシーショック」





乳児期には、食物の摂取によりアトピー性皮膚炎が悪化することが
ありますが、乳児アトピー性皮膚炎=食物アレルギーではなく、
あくまで食物アレルギーはアトピー性皮膚炎の悪化の原因の一つです。
年齢とともに食物でのアトピー性皮膚炎の悪化は少なくなります。


【どんな食べ物が原因になるの?】

乳幼児の食物アレルギーの主な原因は、鶏卵、牛乳、小麦で、
年齢とともに消化機能や免疫機能の発達により、
多くのお子さんは自然に改善していきます

学童期以降で発症してくるものでは、甲殻類、果物、魚類、そば、
ピーナッツなどがあり、これらは改善しにくくなっています。


  



【食物アレルギーの診断】

過剰な除去、不必要な除去をしていないでしょうか?





食物アレルギーは多くの子が治っていきます。
ずっと症状が無い場合は既に治っているかも知れません。


食物アレルギーの診断は、
問診で疑った食物に対し血液検査などを参考にして
食物経口負荷試験を行って診断を確定します。

何を、どれだけ食べて、どんな症状が、どれくらいの時間で出て、
どれくらい続いたか、それまでにその食品を食べてどうだったか、
などを詳細にお聞きすることで、おおよそ原因食物が推測出来ます。

同じ食品で繰り返し症状が出る(再現性)、
ある一定の量を越えて食べると症状が出る(妥当性)、
場合には、診断はほぼ確定的となります。





  妥当性の無い例:
   ・牛乳100ml飲めていたのに一口飲んだらじんましんが出た
   ・いつも1枚食べているパン一口食べて咳き込んだ


*付いて赤くなるだけで除去?

食物が付着した部位だけ赤くなる、その他に症状が無い場合は、
再度付着させずに同じ量を食べて症状を観察することで判定できます。

食べた場合は、消化機能や免疫機能によるブロックがありますが、
皮ふや粘膜にはそのような防御機能がありません。

もちろん、ついて赤くなることはアレルギー反応の1種ですので、
少ない量は大丈夫でも、多くなると症状が出る可能性もありますので、
慎重に食べ進める必要があります。


*血液検査が陽性なだけで除去?

血液検査だけで食物アレルギーが診断できると思っている人が多い
ですが、そうではありません。

ある食物に対するIgE抗体(特異的IgE抗体)の値が高ければ高いほど
症状の出る確率は上がりますが、
特異的IgE値が高くても実際は食べられる、逆に
特異的IgE値が低くても強いアレルギー症状の出る子もいて、
血液検査だけでは診断はつきません。

もちろん、特異的IgE値が陽性である、ということだけで、
それまで食べることができていた食物を制限する必要もありません。

これも消化機能と免疫機能の発達が関係しております。


「陽性だから食べられない」と判断してはいけません
「陰性だから食べられる」と単純に判断してもいけません

症状と食物との因果関係、血液検査結果、年齢、などを参考に、
経口負荷試験なども含め、総合的に判断しないといけません。

安易に食物を除去せずに専門医の指示に従ってください。
あくまで食物アレルギーの診断の基本は食物経口負荷試験となります。


【食物経口負荷試験について】

実際に疑わしい食物を食べて症状が出現するかどうかを調べる検査で、
本当に原因食物かどうか、除去中の食物が食べられるようになったか
どうか、どの量までなら安全に食べられるか、などの判定に行われます。
(下記、食物経口負荷試験の記事もご参照ください)

当然ながらアレルギー症状が出る危険性がありますので、
自宅で勝手にすることは避け、アレルギー専門の医師の居る病院で行う
のが望ましいと考えられます。


【食物アレルギーの予防】

これまで世界各国で実施された食物除去による予防は効果が乏しく、
現在では、妊娠中や授乳中の母親の食物制限は勧められていません

また、お子さんの離乳食の開始を遅らせることも、食物アレルギーの
予防効果は低く、勧められていません。

*むしろ早期から食べ始める方が減るという報告が幾つかあります。


【経皮感作について】

小さい頃ピーナッツオイルを使用していた子ほど、
本人が一切食べなくても家族のピーナッツの消費量が多い子ほど、
ピーナッツアレルギーの子どもが多いことから、
皮肉にも、我が国における2000人以上にのぼる、加水分解小麦の含まれた
洗顔石鹸による小麦アレルギー発症例の報告などから、現在では、
「口から食べる」よりも「皮ふから吸収」により
感作されることが主体と考えられています。
(感作=抗体を作ってアレルギー準備状態にする)

主に湿疹の部分や皮ふの荒れた部分から入り込んで感作します。
皮ふのバリアを越えて侵入してくる物体は通常「敵」ですので、
実際は無害な食物だとしても「敵」と勘違いして攻撃しようとすることは、
生物の防御システムとしては極めて自然なことだと考えられます。





そうなると、皮ふの状態をより良い状態に保つことで、
新たなアレルギーの発症を減少させる可能性があります
(食物アレルギーだけでなく、花粉症、ダニなどアレルギー全般)






そして、食べる(口から入る)ものの多くは栄養として重要ですので、
食べることでその食物が「敵ではない」と覚えていくと考えられます。





【食物アレルギーの治療】

現在の食物アレルギーの治療の基本は、
「安全に食べる」、「必要最小限の除去食、です。

食物アレルギーと診断されたら、その食材を完全に除去する訳で
ありません(「食べない」ことで安全を図るということではありません)

つまり、除去すべきレベルはしっかり除去しながら食べる、
正しい診断に基づき食べると症状が出る食物だけを除去
原因食物であっても症状が出ない量までは食べていく
ということになっています。

(以前は「疑わしいものは食べない」という指導がなされておりました)

できるだけ原因の食物を完全除去にはせず、
少しずつ食べ進めることで治っていく可能性があります

アレルギーの子が長い間にわたり完全除去を続けていると、
むしろ、アレルギー症状が重症化する、治りにくくなる
と考えられます。

また、除去期間が長くなると、その食べ物への恐怖心が強くなって、
アレルギーが改善しても、怖くて食べられなくなってしまうことがあります

いずれにしても、不必要な厳格な除去、「念のため除去」することは、
避けるべきです。


【当科の治療について】

当科では、より早く、より少ない量から負荷試験を行い、
「少しずつからでも食べていく」
という方針にしております。

むしろ、重症なお子さんであればあるほど、より早期から、
少しずつ食べ進める必要があると考えております
(緩徐的経口免疫療法)


少しずつ食べることでこのような効果が期待されます

*食物アレルギー自体が治りやすくなる
*誘発される症状が軽くなる
*そもそも食物アレルギーを発症させない

  *アトピー性皮膚炎の赤ちゃんが、生後半年から卵白を少しずつ取ると
   卵アレルギーの発症が8割低下するというデータが出てます


正しい診断が何より重要ですが、
診断はもちろん、重症度の推測がより重要であると考えております。





  負荷試験で安全に食べられる量(少ない目標量)の陰性を確認し、
  その後医師の指示の元、少しずつ増量していきます。

  (強い症状が出る可能性がある目標量の負荷試験は避けたい、
   負荷試験をクリアして少しずつでも食べ進めたい)


 *これまでの食事療法:
   負荷試験で安全と判定される量の一部までは食べても良い
   頻繁に負荷試験を施行しないと増量出来ない・・・
       
     目標量を必要以上に高く設定した負荷試験をすると、
         強めの誘発症状が出てしまう・・・
         必要以上に除去が継続となり増量が進まない・・・
         症状への恐怖から摂取や増量が進まない・・・



     (これまでの食事療法)


「食べられる範囲」は、食物負荷試験や問診の結果から、
食べることが出来る原因食物のタンパク質量を推定し、
出来るだけ具体的に指導することにしております。

(以前のような「抗原性の強い・弱い食品」による指導ではなく、
タンパク質の量にて食事指導しております)





しかし、「食べれば治る」と勝手に食べ進めると、治るどころか
強いアレルギー症状が誘発される可能性がありますので、
絶対に自宅で勝手に施行せず
方法につきましては当科でご相談下さい。

 * 緩徐的経口免疫療法は現在のところ研究段階の治療です。
   必ず食物アレルギーに精通した専門医の指示の元、進めてください

アナフィラキシー時の治療として、アドレナリン自己注射薬(エピペン)が
保険適応となっておりますので、過去にひどいアレルギー症状が
出たことのあるお子さんはご相談ください。





当院での食物経口負荷試験について】


当院では年間50-100件の負荷試験を行っております

外来、日帰り入院、いずれも行っており、重症度やご希望に応じて、
負荷量、負荷方法を決めております。当科の外来でご相談ください。


【食物経口負荷試験の目的】

 ・本当に食物アレルギーの原因食物かどうか
 ・食物アレルギーだったけどすでに良くなっているかどうか
 ・安全に摂取可能な量の判定
  (安全な量を確認して少しずつ自宅で進めていく方針です)


診察にて、お子さんの年齢、過去に食べたときの症状や血液検査結果
などを参考に、医師と相談の上、負荷試験をする食物や目標の量、
検査日などを決めます。

強い症状が出る可能性がある場合には入院で、
出ても軽い症状でおさまりそうな場合は外来で行っております。


【検査の方法】

固ゆで卵、牛乳(またはヨーグルト)や小麦(うどん)など原因と
考えられる食べ物を少しずつ量を増やしながら食べてもらいます。
(重症のお子さんは加工品を使用する場合もあります)
30分ごとに3回食べ、症状が誘発されないかどうかを観察します。

その後1時間半程度病院内で症状が出ないかどうかを観察し、
特に変わりがなければ検査終了となります。
その後は自宅にて遅れて出現する症状が無いか確認していただきます。

 * 1回:目標量を1回で摂取
    2回:目標を3分割して30分毎に、目標量の1/3→2/3と摂取
   3回:目標を8分割して30分毎に、目標量の1/8→3/8→1/2と摂取

 最近では、1回法>2回法で施行することが多くなっております
    

  (例) 3回法:固ゆで卵白 1/8個を負荷目標とすると、
      1/64個→(30分)→3/64個→(30分)→1/16個

    ※ アレルギー症状が強くみられたら検査を中止し、
      速やかにアレルギー症状に必要な治療を致します。


【当日持ってきていただくもの】

・医師から指示のった食品(外来で施行する場合)
・アレルギー症状が出たときの薬(エピペン、抗ヒスタミン剤)
・普段使っているお子さんの食器、フォーク、スプーンなど
・今までに食べれている調味料を持参されてもかまいません
・しっかり飲み込むためにも飲み物をご準備ください
・お子さんがお気に入りの玩具や書籍
 (外来で負荷試験を行う部屋ではDVDが見れます)
・着替え(嘔吐で服が汚れる可能性があります)


【注意点】

※抗ヒスタミン薬(ジルテック、クラリチン、アレロック、など)は3日間、
 抗ロイコトリエン薬(オノン、シングレア、キプレス、など)は1日間、
 検査前に中止して下さい

※当日の体調が悪い(発熱、嘔吐下痢、咳き込み、湿疹の悪化など)
 場合は、負荷試験を行えません。

※検査前の食事は軽く済ませてください
 (乳幼児は食事を無しにするか、いつもの半分程に減らしてください)





【エピペンの使い方】






【エピペンを打つべき症状】

 このような症状があれば速やかに打ってください。
 (これらの症状が無くても症状の経過や状況により打つことはあります)

 「どう打つか」 より
「どうなったら打つか」

 副作用の心配は微々たるもの
「迷ったら打つ」
























*学校の先生や園の先生には、
エピペンがあれば、安全に病院まで到達させられる、
病院につくまでに症状を和らげてあげられる、
と前向きに考えて頂きたいと思います。





【緊急時の対応】




 (クリックすると大きく表示されます)




















  園や学校で個別のエピペン指導をしております
    
     ・園や学校での対策は?
     ・第一発見者のすべきことは?
     ・どうなったらエピペンを打つ?緊急薬を使う?
     ・エピペンの効果は?副作用は?
                            などなど




   これまでの講演会・講習会につきましては講演実績をご覧ください
   講演のご依頼はお問い合わせからお願いします





【卵アレルギーとインフルエンザワクチン】


当院では、卵アレルギーのあるお子さんのインフルエンザワクチンの
接種も行っています。

インフルエンザワクチンは製造過程で鶏卵を使用しているため、
過去には微量の卵成分が含まれていましたが、現在、国内で製造されて
いるインフルエンザワクチンでは精製の過程で、卵の成分は問題のない
程度まで取り除かれています。
1回接種あたり1ng(ナノグラム)以下=1gの10億分の1以下

当院では、極々少しでも卵が摂取出来ている(加工品も含む)
お子さんに関しては、通常と同様に接種しております

これまで多くの重症卵アレルギーのお子さんに接種しておりますが、
ひどいアレルギー症状が出たことはありません。
(他の専門病院からも安全に接種出来るという報告があります)

基本的には、鶏卵アレルギーでもインフルエンザワクチンは問題無く
接種できます。

アナフィラキシーショックなどの重篤な症状があり完全除去中の場合、
アレルギー素因が強くてまだ卵を摂取したことが無い赤ちゃんの場合
事前に当科の外来を受診して頂き、接種方法につきご相談しております。

鶏卵アレルギーの有無に関わらず、アレルギー体質のお子さんでは、
極まれに予防接種にて予測できないアレルギー反応が起こる可能性
がありますので、接種後も院内で待機して頂いております。

その他、ワクチンでご相談がありましたら、外来におかかりください。



inserted by FC2 system